レイクアルサの電話にでないとどうなる? 3つの観点から徹底解説!!

親しみやすいCMで知名度も高い大手消費者金融と言えば、レイクアルサがあります。

 

実際に借入を行うと様々な手続きが必要になりますが、その際電話に出られなかった場合、どうなってしまうのでしょうか。

 

故意か否かに関わらず、そうした状況に陥ってしまうことは考えられます。

 

レイクアルサからの電話にでないとどうなってしまうのか、ポイントを3つに分けて解説します。

 

@レイクアルサの電話で会社や親にバレることはある?

 

借入を行う上で気になるのが、借入をした事実が他人に知れ渡ってしまわないかどうかです。

 

人それぞれお金を借りざるを得ない事情があるにしろ、他人がそれを分かってくれるとは限りません。

 

これはレイクアルサに限ったことではありませんが、消費者金融では融資をする際に必ず在籍確認を行います。

 

告げられた会社が本当に存在し、実際にその人が在籍しているのかどうか確認するためです。

 

これは電話で行われることが多く、担当者が実際にその会社に電話をかけてその人の在籍を確認します。

 

この際、レイクアルサは電話口で「レイクアルサです」とは決して告げませんし、番号も非通知で発信するよう考慮してくれます。

 

そのため会社に在籍確認の電話がかかってきても、その時点でバレることはほぼあり得ないと考えて良いでしょう。

 

また派遣社員として働いている方は、派遣元に事前にその旨を説明する必要があります。

 

カードローンの在籍確認であると伝えにくい場合は、クレジットカードの在籍確認と言っても良いでしょう。

 

本人がその派遣元に属しているという事実さえ分かれば大丈夫です。

 

 

勤務先の会社は良いとして、親はどうでしょうか。

 

基本的に、正社員であれアルバイトであれ、何らかの会社に勤めており、その在籍確認が取れるようであれば自宅にまでは電話はかかってきません。

 

ただし、個人事業主や自営業の方であれば、必ず自宅に在籍確認の電話がかかってきます。

 

この際もレイクアルサの名前は伏せてくれるためバレる心配はありませんが、自宅に固定電話を引いていないという人はどうすればよいのでしょうか。

 

この場合は、携帯電話を使えば良いというわけではなく、別途自宅住所確認用の書類が必要になります。

 

現住所が記載されている住民票や発行日が3ヶ月以内の電気、都市ガスの領収書などがこれに該当します。

 

審査時の在籍確認は避けられる?

 

いくらバレないからといっても、職場や自宅に消費者金融から電話がかかってくるというのはあまり気乗りのするものではありません。

 

人によっては、どうしても電話連絡は嫌だという人も居るでしょう。

 

この審査時の在籍確認、どうにかして避ける方法は無いのでしょうか。

 

結論を言うと、避ける方法はありません。

 

上でも少し触れましたが、在籍確認の趣旨はその人を信用するためです。

 

借り入れを行う人が万が一、初めから借金を踏み倒すつもりでウソの情報を伝えているという場合も考えられます。

 

全く知らない人にお金を貸すのは個人であれ企業であれ不安ですから、避けられないのも仕方がないでしょう。

 

ただ、事情によりどうしても在籍確認を電話連絡以外の方法でお願いしたい場合は、その旨を事前に伝えて相談しておくと、こちらの事情を汲み取ってくれる場合があります

 

電話連絡そのものは避けられなかったとしても、電話をかける時間帯を調整したりと何らかの提案をしてくれる可能性はあります。

 

必ず要望が通るとは限りませんが、出来る限り相談してみるのは無駄なことではありません。

 

常識の範囲内であればある程度は汲み取ってもらえます。

 

逆に、電話をかけてくる際の名前や起業名をこちらから指定することはできません。

 

あまりに無茶な要望を吹っ掛けると信用問題につながってきますから気を付けましょう。

 

何らかの在籍確認は必須

 

上の項でもお話したように、融資の際の在籍確認は必須です。

 

電話連絡を省略される場合もあるようですが、例外的なものですからアテにするのは少々心もとないものがあります。

 

また電話連絡とはいっても、それほど長い時間を有するものではありません。

 

たとえば電話口であれこれと質問を受けたり、個人情報を聞き出されたりといったことはないのです。

 

自分が電話に出るにしろ、同じ部署の誰かが電話に出るにしろ、契約者がその会社に間違いなく勤めているという事実さえ分かれば良いのです。

 

上でも話した通り、向こうは担当者個人の名前を用いて絶対にレイクアルサの名前は出しませんし、電話自体も数十秒ほどで終わってしまいます。

 

もちろん、その日に自分が休んでいたり、営業の外回りで会社に居なくても何の問題ありません。

 

 

また、在籍確認によって審査に落ちてしまう可能性もあります。

 

具体的な例としては、休職中で収入が無い場合、働いていない場合などです。

 

金融会社としては、とにかく貸したお金を返してもらうのが最優先ですから、安定した収入が見込めなければ融資を断られてしまいます。

 

電話での在籍確認を避ける方法

 

そうは言っても、諸々の事情によりどうしても電話での在籍確認を避けたいという方も多いでしょう。

 

上でも少し述べたとおり、その人の信用によっては在籍確認そのものを省略される場合もありますが、あくまでも例外的なものです。

 

無論、申し込みの際に電話連絡以外の方法を取ってくれないかと相談してみるのは良いですが、あまり期待しないほうが良いでしょう。

 

電話連絡が避けられない場合は、職場の人間にあらかじめこういった人から電話がかかってくると周知しておくか、時間帯を調整してもらい必ず自分が電話に出られるようにしておくなど工夫が必要です。

 

それでもどうしても電話連絡は困るといった方は、レイクアルサでは無く他の消費者金融を検討するという手もあります。

 

ただしその場合、レイクアルサの強みである即日融資の恩恵は受けにくくなってしまいます。

 

他の金融会社ではなく、レイクアルサから融資を受けたいと考えているのであれば素直に電話連絡を受け容れるのが最も合理的です。

 

どのような判断を下すのがベストなのか、よく考えてから行動に移しましょう。

 

 

Aレイクアルサの督促電話を無視すると大変

消費者金融でお金を借りた場合、その金融会社から電話がかかってきます。

 

ここでは主に督促電話に焦点を絞ってご説明しましょう。

 

督促とはつまり、約束の期日までにお金を返済していない状態の人に対して、お金を返すよう催促する行為のことです。

 

約束の期日までにお金を返済しなければ、当然会社側から督促の電話がかかってくるのです。

 

では故意か否かは別として、この電話を無視し続けてしまった場合、どうなってしまうのでしょうか。

 

初めにかかってくる電話を無視しても、会社側は曜日や時間を変えながら何度も電話をかけてきます

 

人によっては仕事が忙しく、なかなか電話が取れないといったことも考えれますから、これは向こうの配慮と言えるでしょう。

 

それでも電話を無視し続けると、次は督促状が届きます。

 

督促状には、どの時点で返済が滞っているのか、延滞損害金はいくら発生しているのかが細かく記載されています。

 

この督促状が届くに至るまでにはだいたい1週間ほどを有します。

 

督促状も電話同様、3ヶ月ほどの期間を有しながら返事があるまで何度も自宅に送られてきます

 

それでもこの督促状を無視してしまった場合は、どうなってしまうのでしょうか。

 

この時点で会社側は、本人に支払能力が無いか、支払う意思がないとみなし、自宅へと担当者を向かわせます。

 

決して力ずくでの取り立てというわけではなく、あくまでも現在の金銭状況や支払い意思の有無を確認したうえで、現実的な返済プランを立てていくことが訪問の趣旨となります

 

たとえ住所を変えていたとしても、金融会社では所定の手続きを踏むことによって住民票を取得することができるため、転居しても追跡からは逃れられません。

 

借りたお金は返すのが当然のルールですが、それでも返済が遅れそうな場合はあらかじめ連絡するなど何らかの工夫は必要です。

 

延滞して黙ったまま借金をうやむやにしてしまおうと考えるのは非常に危険です。

 

督促通達で身内にバレる可能性あり

 

上の項でも少し触れましたが、電話連絡を無視し続けていると自宅に督促状が届きます。

 

会社側としては、無用なトラブルを避けて確実に延滞金を支払ってもらうため、郵便物の差出人欄には会社名を伏せて郵送してくれます

 

封筒にデカデカと督促通達などと書かれていては、それを見た家族に問い詰められたり心配されることは避けられませんよね。

 

しかし、いくら名前が伏せてあるといっても、安心して良いわけではありません。

 

身に覚えのない会社からの郵便物を不審に思った家族が本人より先にそれを開いてしまう可能性もあるためです。

 

これでは借金している事実がバレてしまうどころか、その詳細も明らかになってしまうため、どうしても避けたい事態です。

 

あらかじめ家族にこういった封筒が届くから開けないでほしいと伝えておけばバレるリスクを減らすことができますが、いったい何の封筒なのか聞かれた際に答えるためのウソを考えておく必要が出てきます。

 

こうした生活を長い期間続けるのは非常に疲れますし、家族もだんだん心配になってきますから、督促通達が届いた時点ですぐに返事をするのが得策と言えます。

 

最悪、財産差し押さえもありえる

 

消費者金融からの連絡をすべて無視して3ヶ月以上が経過すると、会社側は裁判の手続きを開始します。

 

もたもたしていれば債務者が債務整理を行い、貸したお金を回収することができなくなってしまう可能性があるためです。

 

以下、督促状が届いた後、どのような流れで消費者金融が財産の差し押さえが行われるのかみていきましょう。

 

いつまでたっても返済されない場合、まず消費者金融は裁判所に申し立て、債務者に支払督促と呼ばれる書類を通達してもらいます。

 

債務者に通達が届いた時点で、多くの場合は一括返済を求められます。

 

金融会社によりルールは違いますが、おおむね返済期限までに支払いが行われないと一括返済という形で請求されます。

 

しかし考えてみれば、毎月の支払いができないから延滞したのであり、それを一括で支払えというのはあまり現実的な手段とは言えません。

 

そのため支払督促の中には和解に関する書類が同封されているのが一般的です。

 

これは簡単に言えば、毎月いくらであれば支払っていけますという旨を裁判所に向けて返答する書類で、消費者金融側がその内容に同意すれば分割での返済を認めてもらえます。

 

多くの場合はこの時点で和解が成立し、再び返済を始めます。

 

 

しかしその約束すらも破り頑なに返済を拒んだ場合、いよいよ財産の差し押さえに踏み切られます。

 

差し押さえの対象となるのは住宅などの不動産をはじめ、自動車や預金、貴金属などの動産です。

 

これらはすべて換価処分された上で債権者、つまり金融会社の返済に充てられます。

 

逆に、生活必需品の家財道具や衣類、1か月分の食料等は差し押さえ禁止物件とされているため、処分されることはありません。

 

必要最低限の生活を強いられることになります。

 

中でも最も困るのが給与の差し押さえでしょう。

 

法律上、給料の4分の3の金額は債務者自身の生活費に充てることになっています。

 

たとえば手取りが30万円であれば、差し引き7万5000円は強制的に徴収されることになります。

 

場合によってはそれまでの返済額よりも多い金額を月々の返済に充てることになりますから、生活が困窮する可能性が高くなります。

 

それと同時に、勤務先にも借金をしている事実がバレてしまいますから、借金の滞納を放ったらかしにして良いことは一つもありません。

 

返済忘れ対策は、メールお知らせサービスが有効

 

これまで話してきた通り、借りたお金を返さないままでいるのは非常に危険ですし、メリットもありません。

 

しかし故意でなかったとしても期日をうっかり忘れてしまい、返済するのが遅れてしまったというケースも考えられます。

 

この場合でも受ける処置は同じですから、極力こうしたミスは避けたいですね。

 

そんな時に役立つのが、メールお知らせサービスです。

 

レイクアルサでは、返済期日前と返済期日後の2回に分けてメールでお知らせしてくれるため、こうしたうっかりミスを防ぐことができます

 

 

使い方も特に難しいことは無く、今現在自分が使っているスマートフォンに専用のアプリをダウンロードするだけです。

 

プッシュ通知を有効にしておけば、いちいちアプリを開かなくてもホーム画面で分かるようになりますから、より返済忘れを防ぐことができます

 

このアプリには、それ以外にもレイクアルサからのキャンペーン通知や、利用限度額の変更、更新などのお知らせも届きます。

 

返済額も明記されたうえでメールが届くので、返済を忘れたことが無い方でも利用するメリットは十分にあります。

 

借入して困ったときは専門家に相談する

 

お金を借りるということは、どうしても神経を使うものです。

 

そんなつもりが無くても延滞してしまったり、延滞までしないまでも日々の返済が苦しかったりといったことが考えられます。

 

そうなったときはまずお金を借りている金融会社に相談して、返済額を変更してもらうなど何らかの措置をとってくれるようお願いしてみましょう

 

向こうからすればとにかく貸したお金を返してくれさえすれば良いわけですから、ある程度は融通を利かせてくれます。

 

それでもまだ返済にまわす金額が大きく、家計を圧迫していて生活に支障が出ているといった場合は、専門家に相談してみるのも一つの手段です

 

法律事務所に駆け込むのも良いですが、気が引けるようなら公的機関等で実施している無料相談を利用してみるのも良いでしょう。

 

都道府県ごとに借金に関する相談を無料で実施しているところがありますから、自分だけの力ではどうしようもないと感じたら専門家に相談しましょう。

 

 

一番よくないのは、返済ができないからといって別の消費者金融で更なる借金を作ってしまう場合です

 

こうなってしまっては後は雪だるま式に借金が増えていくばかりですし、気づいた時には自己破産を余儀なくされていた、なんてことにもなりかねません。

 

切羽詰まった状況で、とにかくお金が借りられさえすれば良いと闇金などに手を出してしまっては最悪です。

 

彼らはそもそもが違法ですし、貸したお金を取り返すためなら手段を選びません。

 

はじめは数十万円だった借金が、たった数年で数百万円に膨れ上がっていたというケースも実際に存在します。

 

自分一人で抱え込まず、お金のことに関しては素直に金融のプロである専門家に相談するようにしましょう。

 

 

Bレイクアルサからの電話、こんなケースも考えられる

これまでは、レイクアルサ側から電話がかかってくるのは在籍確認の際と、借りたお金を延滞している時だとお話ししてきました。

 

しかし、電話がかかってくるケースはそれだけではありません。

 

比較的多いのが、勧誘の電話です。

 

既に契約していてお金を借りている場合は、追加融資、再借入れの提案などです。

 

当然ながら、借りる金額が大きいほど金利は高くなりますし、それによってレイクアルサ側は利益を得ることができます。

 

これはあくまでも提案であって強制ではないため、無理に提案を受け容れる必要はありません。

 

受け容れるとしても、自身の生活を脅かすようなことがないか、十分注意して決める必要があります。

 

また、そのほかにもキャンペーンの告知や、すでに解約している方であれば再契約の提案などの電話もかかってきます。

 

これらの電話は無視しても何も問題はありませんが、勧誘に興味があるという場合は電話を受けるのも良いでしょう。

 

また逆に勧誘に一切興味が無く、無駄な電話を受けたくないという方はきっぱりと断ってしまいましょう。

 

「今はまだ大丈夫です」や、「そのうちお世話になります」など曖昧な返事を返していれば、また期間を空けて同じ勧誘の電話をかけてきます。

 

「今後こういった勧誘の電話は結構です」ときっぱり言ってしまえば、レイクアルサはそれ以上勧誘の電話をかけてくることはありません

 

あまり勧誘がしつこいと企業倫理に関わってきますから、当然と言えば当然ですね。

 

カード不正利用の可能性も

 

これは極力避けたいことですが、カードを不正利用されているという連絡が消費者金融側からくることがあります。

 

たとえば買い物に出かけた際にカードを紛失してしまい、それを悪意のある第三者に拾われて不正利用されるといったことが考えられます。

 

クレジットカードの場合は、それまでの利用履歴よりも明らかに使い方が荒くなっていたり、またいつもは利用しないショッピングサイトなどで大量に高額な商品を購入していたりと比較的判明しやすくなっています。

 

そうした場合は会社側から契約者に連絡し、間違いなく不正利用であるということが判明してからクレジットカードを停止させ、再発行します。

 

気を付けなければいけないのは、ローンカードを不正利用された際です。

 

これはクレジットカードとは違い、不正利用されたということを証明するのが難しくなります。

 

自分で借入を行っておいて不正利用だと嘘をつき、借入そのものを無かったことにしようと考える人が存在するためです。

 

万が一カードを紛失した際は、気付いた時点ですぐにレイクアルサに連絡を入れ、カードの停止手続きを行いましょう。

 

連絡が遅れてその間に不正利用をされてしまうと、上でも述べたとおり証明が非常に難しくなります。

 

カードの所在は常にチェックするように心がけ、紛失しないように気を付けましょう。

 

増額のチャンスかも

 

レイクアルサからかかってくる電話では、利用限度額を増額する提案を行ってくる場合があります

 

いろいろな事情から、もう少し利用限度額を増やしてほしいと考えている方にとっては嬉しい勧誘と言えるでしょう。

 

通常、こうした増額の申込みというのは契約者本人から消費者金融に対して行うのが一般的です。

 

会社側からかかってくるというのは、その契約者と非常に良好な関係を保てている証拠でもあります。

 

借入期間が長く、延滞の履歴もない、毎月きちんと返済できている人には、こうした勧誘の電話がかかってくることがあります。

 

 

ただ、利用限度額を増額するということは、同時に更なる借入を促してくる可能性もありますから、そのあたりは自身の生活と照らし合わせて考える必要があります。

 

増額できるからといって後先考えずに追加融資して生活が苦しくなってしまうのは本末転倒です。

 

あくまでも借りているお金だという事を忘れずに、現実的かつ計画的な返済プランを持って利用しましょう

 

まとめ

 

お金を借りる理由というのは、人それぞれ違います。

 

単純に生活費の足しにするためであったり、ちょっと高額なものを買うためであったり十人十色です。

 

しかしこれまでお話ししてきた通り、借りたお金を返さなければいけないのは共通したルールです。

 

レイクアルサは大手金融会社ですが、だからといっていつまでも返済を待ってくれるというようなことはありません。

 

延滞を続ければ当然法的措置を取られますし、最悪の場合財産の差し押さえ、自己破産を招く可能性もあります。

 

お金を借りる際は、それがどのような場合であってもきちんと事前に返済計画を立て、自身の生活を脅かさないようにしましょう。