もう金利で悩まない!?レイクアルサをスマートに返済する4大コツを徹底解説!!

どの消費者金融からお金を借りる場合でも、大なり小なり必ず金利が発生します。

 

借入とセットであるとはいえ、金利に関しては極力抑えたいのが本音です。

 

ここでは、金利に悩まされず、レイクアルサからの借入をスマートに返済するためのコツについてお話しします。

 

 

レイクアルサの金利は高いの?

 

レイクアルサの金利についてお話しする前に、まずは他の消費者金融の金利相場を知っておきましょう。

 

一般的な消費者金融の金利は、おおむね3パーセントから18パーセントです

 

下限と上限の差が随分と開いているように思いますが、基本的に100万円以下の借入であれば上限金利が適用されます。

 

たとえば50万円の借入を行った際の金利は18パーセントですが、120万円の借入を行った際の金利は15パーセントになります。

 

このようにして、金利というのは借入する金額によって変動するのです。

 

では、レイクアルサの金利設定はどのようになっているのでしょうか。

 

レイクアルサでは、実質年率で下限4.5パーセントから上限18パーセントに設定されています。

 

これは決して高い数字ではなく、むしろ一般的であるといえます。

 

普通に生活している人が、ある日突然100万円以上ドカンと借入するということは通常考えられませんから、金利に関しては上限18パーセントを目安にしておけば問題ありません。

 

もし大きな金額を借入した場合で、自身にどの程度の金利が適用されているのか細かく知りたい場合は、レイクアルサ会員サイトにログインすることでいつでも確認できます。

 

また、レイクアルサは新規借入を行った利用者に対して、無利息サービスを提供しています

 

他の大手消費者金融でもこうしたサービスは取り入れられていますが、レイクアルサでは2種類のサービスから利用者自身が好きなほうを選ぶことができるという点です。

 

これはレイクアルサ最大の特徴といっても良いでしょう。

 

上手に活用すれば、他社よりもずっとお得に借入を行うことができます。

 

どれを選ぶかは借入を行う利用者それぞれによって違いますが、いずれにしろ自分に合った方を選べるというのはうれしいですね。

 

他社カードローンとの比較

世の中には多くの消費者金融がありますが、レイクアルサとは具体的にどのようなところが違うのでしょうか。

 

それぞれの特徴を明らかにしたうえで比較してみましょう。

 

金利や貸付条件等についてはそれほど差はありませんが、各種サービスについて見ていくと違いが見えてきます。

 

たとえばA社では、返済方式が定率リボルビング方式に固定されています。

 

変わってレイクアルサでは、定率リボルビング方式と元利型リボルビング方式の二つが用意されています。

 

返済方式を選べるという事は、自分に合った返済プランが立てやすいということです。

 

何にせよ小回りが利くシステムというのは、動きやすく自身への負担も軽くて済みます。

 

また、上でも少し述べましたが、レイクアルサの最大の特徴は圧倒的な無利息期間の長さです。

 

他社の無利息期間がおおむね最大30日間無料であるのに対し、レイクアルサは5万円までなら180日間無利息で借りることができます

 

当然30日間無利息サービスもあり、初めて利用する人はこの2つのうちから自分に合ったサービスを選ぶことができるのです。

 

レイクアルサはよりその人のニーズに合わせたサービスを提供していると言えますね。

 

またレイクアルサは若い人をターゲットにしているということもあり、スマートフォンを使ったサービスも充実しています。

 

申込みから借入までスマホ一つで完結させることができるため、完全カードレスの取引も可能です。

 

さらに、他社ではATM手数料を利用者自身が負担しなければいけませんが、レイクアルサでは借入返済時のATM手数料が無料です。

 

借入期間が長くなってくると、こうした細かいお金でも合計すれば馬鹿にならない金額になりますから、こうしたサービスもレイクアルサのメリットと言えます。

 

レイクアルサの金利は限度額による

レイクアルサの金利については、上の項で少しご説明しました。

 

しかしもう一点、注意すべき点があります。

 

レイクアルサの金利計算は他社とは違い少々複雑で、契約限度額が深く関係しています。

 

具体的には、限度額が200万円以下の場合と200万円以上の場合で金利の計算が異なってくるのです。

 

まずは一般的な限度額200万円以下のケースをみてみましょう。

 

たとえば限度額200万円以下で、借入金額が100万円未満の人は15パーセントから18パーセントの金利でお金を借りることができます。

 

この数字は一般的な消費者金融の相場と同じです。

 

同じ限度額で借入金額が100万円以上の人は12パーセントから15パーセントの金利と、かなり大きな差異が生じます。

 

ちなみに契約中、一度でも100万円を超える借入を行った場合、下がった金利がもとに戻ることはありません。

 

それぞれのケース内でどの金利が適用されるかは、その人の利用履歴や契約年数によって異なってきます。

 

 

次は限度額が200万円以上の場合についてみていきます。

 

消費者金融はすべて総量規制によってその人の年収の3分の1までしかお金を貸すことができませんから、多くの場合は上に挙げたように限度額200万円での契約になります。

 

この場合の年収は単純に600万円ということになりますね。

 

限度額200万円以下での契約では、金利は最大利用額によって決定されていましたが、限度額200万円以上の場合は契約した限度額そのもので金利が決定されます。

 

具体的に、200万円以上300万円以下の限度額であれば、利率は9パーセントから15パーセント、300万円以上400万円以下では7パーセントになります。

 

400万円以上500万円以下であれば最低金利の4.5パーセントの金利でお金を借りることが可能です。

 

レイクアルサは新生銀行カードローンレイクの商品をそのまま導入しているという過去があり、そのため他社とは利率体系が異なるのです。

 

無利息サービスを利用してお得に借入しよう

レイクアルサには、2つの無利息サービスが存在します。

 

一つは初回借入から30日間無利息サービス、もう一つは借入5万円までなら180日間無利息サービスの二つです。

 

レイクアルサではこの2つのサービスのいずれかを、利用者自身が選べるようになっています。

 

お金を借りることと金利を払うことはセットですが、この2つのサービスは金利を無視して借入することができますから、使わない手はありません。

 

自身がいくら借入したいのか、またいつ頃返済できそうか等事情は人それぞれですから、たとえ2種類であっても選ぶことができるのは嬉しいですね。

 

無利息サービスは原則として初めてレイクアルサで借入を行う人に限られますが、これを最大限に活用することでお得に借入することが可能です。

 

この項ではそれぞれのサービスを最も効果的に利用できる借入方法について見ていきます。

借入額5万円までは180日無利息が適用

これは借入額5万円分を180日間無利息にするというレイクアルサ最大のサービスです。

 

約半年もの間、金利なしで5万円借りっぱなしにできるというのは魅力的ですね。

 

今月あとほんの少しお金が足りないといった場合には心強いサービスといえるでしょう。

 

無利息期間が長いという事は返済プランを立てやすく、かつ確実に返済することができるということでもありますから、お金を借りるリスクは最小限に抑えることが可能です。

 

また、一度返済してしまえば、再度5万円までなら無利息で借入できるため、非常に小回りの利くサービスになっています。

 

契約してすぐに5万円を借入、しばらくしてから返済、その後また5万円を借入して返済を半年間のうちになんども繰り返すことができるのです。

 

しかし、いくつか注意点もあります。

 

無利息になるのは借入額のうち5万円分だけであり、残りについては通常の金利が適用されます。

 

たとえばこのサービスを使って15万円を借りた場合、5万円を引いた残りの10万円は通常通りの金利となるのです。

 

また、180日間無利息サービスを利用できるのは契約限度額200万円以下の人に限られています。

 

限度額200万円を超える場合は30日間無利息サービスしか利用できないため、注意が必要です。

 

万が一無利息期間中に返済が滞ったりした場合は即座にサービス終了となりますから、くれぐれも返済遅れだけは避けましょう。

 

以上のことから、180日間無利息サービスは借入額がごく少額の人にオススメできると言えます。

借入額全額において30日無利息が適用

30日間無利息サービスは、読んで字の如くいくら借りても30日間は無利息というサービスです。

 

出費がかさんだためなんとか急場を凌ぎたいといった場合には非常に助かるサービスといえます。

 

借りた金額が50万円であっても100万円であっても無利息なので、上手に使いこなせれば借り得です

 

また、30日間の間に追加で借入を行っても金利は発生しません。

 

このサービスを上手に利用するためには、事前に綿密な返済プランを用意しておく必要があります。

 

将来的にまとまったお金が入ることが確定しており、それを前倒しで使うというイメージです。

 

後先考えず、確実に30日以内に返済できるという見込みがないのに借入するのは賢い選択とは言えません。

 

借入金額がいくらであっても無利息とはいえ、借入するのは現実的な金額に留めておいたほうが無難です

 

また、こちらも180日間無利息サービスと同様に返済が滞った場合にはサービス終了となり、通常の金利を請求されますから注意が必要です。

 

30日間無利息サービスは、未来にある程度まとまったお金が入る予定があり、急場をしのぎたい人にオススメと言えるでしょう。

 

金利計算を覚えてレイクアルサを賢く利用!

消費者金融からお金を借りる上で、金利の計算方法を知っておくのは重要です。

 

年間を通していったいいくらの金利がかかってくるのか、把握できていれば返済プランも立てやすくなります。

 

レイクアルサでの金利は4.5パーセントから18パーセントであると述べましたが、これはすべて実質年率です。

 

この実質年率と自身の借入額を用いることで、1か月間にかかる利息を計上することができます。

 

たとえば50万円を実質年率18パーセントで借りた場合、計算は以下の通りです。

 

50万円に実質年率の0.18を掛け、1年の365日で割り、出た数字に1か月の30日を掛けます。

 

この場合1か月にかかる利息は7397円となります。

 

借入から1か月後に1万円を返済した場合、その中から利息分の7397円が引かれ、残りの2603円が元金の返済に充てられるということです。

 

こうして見てみると、支払った額は1万円でも、そのほとんどは利息に吸われてしまい元金の返済はほとんどされていないのが分かります。

 

このプランで返済していくとすると、支払い回数は94回にもなり、返済総額は90万円を超えます。

 

仮に毎月3万円返済していくプランだとすると、支払い回数は20回、返済総額は57万円と劇的に違います。

 

こうした金利計算を念頭に置いておくことで、毎月いくらずつ返済するのがベストか、またいくら借入するのがベストかが明確になり、余計なリスクを排除することが可能です。

 

レイクアルサの金利は限度額やその人の契約年数、利用履歴によって変わりますから、自身にはどれほどの金利が適用されているのかをはっきりさせたうえで、一度計算してみることをオススメします。

 

初めから支払い回数と返済総額が見えていれば安心ですし、事前にプランを立てることによって賢く利用することができるでしょう。

 

レイクアルサで金利の負担をおさえるコツとは

お金を借りていれば必ず発生する金利ですが、できれば抑えたいのが本音です。

 

返済期間が長引けば長引くほど金利の負担も大きくなりますから、なおさらですね。

 

レイクアルサを利用するうえで金利の負担をおさえるコツには、どんなものがあるでしょうか。

 

以下、具体的に説明していきます。

 

 

まず自身で出来るものからみていきましょう。

 

レイクアルサには2つの返済方式があります。

 

一つは残高スライドリボルビング方式、もう一つは元利定額リボルビング方式です。

 

このうち、残高スライドリボルビング方式は、毎月の返済額が利用残高に応じて変化します。

 

借入金額に応じて返済額が設定され、追加で借入があった場合はさらにそれに応じて返済額が再設定されます。

 

元利定額リボルビング方式は、元金と利息を合わせて算出された毎月の返済額を、利用残高に関係せず定額で支払っていくものです。

 

残高スライドリボルビング方式では月々の返済額を抑えられるため楽にはなりますが、そのぶん返済期間が長くなってしまい結果として多く利息を払わなければいけません。

 

元利定額リボルビング方式は月々の返済額こそ多くなるものの、返済期間が短くなるためその分利息を抑えることができます。

 

利息を減らすという事はつまり、利息の元となっている元金を少なくすれば良いわけです。

 

そのため余裕がある時には臨時返済を行って、元金を少なくしてしまえば徴収される利息を抑えることができます。

 

また、レイクアルサを一定期間利用しており、返済をしっかり期日通りに行っていれば優良顧客と見做され、金利の引き下げを提案される場合もあります。

 

これはレイクアルサ側で定期的に行われているもので、該当者には連絡が来るようになっています。

 

もしレイクアルサから直接連絡が来なくても、優良顧客であればこちらから相談することもできるので、積極的に活用しましょう。

 

最後に、これは上の項でも少し述べましたが、レイクアルサに利用限度額を増額してくれるよう相談してみるという手もあります。

 

利用限度額が100万円以下の場合の適用金利の上限は18パーセントですが、利用限度額を200万円にした場合は借入残高に関係なく金利の上限が15パーセントに引き下げられます。

 

承諾されるかは契約者それぞれによるため一概には言えませんが、試してみる価値はあると言えるでしょう。

 

手数料無料の方法で返済する

通常、消費者金融ではATMを使った借入、返済の際にわずかですが手数料を徴収されます。

 

わずかとはいえ、返済期間が長引けば決して馬鹿にはできない金額になりますから、こうした気付きにくい出費こそ何とか抑えたいものです。

 

例えば返済回数が48回で手数料が108円の場合、手数料だけで5184円を失うことになります。

 

下手すれば返済一回分のお金が消えてしまうわけですから、軽視できませんね。

 

レイクアルサでは、提携しているATMであればすべて手数料無料で借入、返済を行うことができます

 

提携しているATMは全国に多数設置されている新生銀行カードローンレイクのATMと、コンビニATMです。

 

新生銀行カードローンレイクのATMha日曜祝日を除いた朝7時半から深夜24時まで営業、コンビニATMであれば24時間いつでも利用することが可能です

 

コンビニATMが利用できるというのは想像以上に便利で、たとえば通勤時や帰宅時に立ち寄って借入、返済を行うことができます。

 

どれだけ頻繁に利用しても手数料は無料ですから、余計な出費を気にする必要もありません。

 

できるだけ小額の借入、一括返済にする

スマートな返済を心がける上で、はじめの借入額は非常に重要です。

 

借入と返済、どちらも上手にこなすコツは、ずばり少額の借入であれば一括で返済してしまうことです。

 

そのためにはある程度プランが必要になります。

 

たとえば年末調整の還付金やボーナスなど、将来ある程度まとまったお金が入ることが見えている場合は、そこから返済するつもりで借入を行います。

 

当然、この時は必要最低限だけ借入するよう心がけましょう

 

当たり前ですが、大きな金額のお金を借りるほど返済は大変になりますし、返済期間が長引けばそれだけ利息を多く支払うことになります。

 

細かな返済は毎月の返済額が減るため一見楽に見えますが、利息がかさむため将来的に見ると明らかに損です。

 

借入の際はよく考えて、一括返済が現実的に可能な程度の金額に抑えましょう。

 

追加入金で利息をへらそう

上の項では借入額を少額にしたうえで一括返済を心がけましょうと述べましたが、人によって必要な金額というのは様々ですし、たとえ少額の借入であっても一括返済できるかどうかは分かりません。

 

そんなとき念頭に置いておきたいのが追加入金という方法です。

 

細く長くの返済を続けていると、元金がなかなか減らず返済期間も長引いてしまいます。

 

これを防ぐためには、余裕のある月は積極的に追加入金を行って元金を減らしていくことが大切です。

 

元金が減れば当然そこから産まれる利息も減りますし、返済期間も短くすることができます

 

臨時収入があったときはついつい別のことにお金を回してしまいがちですが、将来を考えるのであれば追加入金はどんどん行うべきです。

 

たとえば10万円を実質年率18パーセントの金利で借入し、毎月3000円ずつ返済していくとすると、かかる利息の総額は4万円弱になります。

 

これを毎月5000円返済していくプランに変更すると、利息の総額は2万円弱になります。

 

たった2000円増やすだけで、結果としては2倍得することができるのです。

 

返済回数で言うと前者は47回で約4年間であるのに対し、後者では24回、2年で終わってしまいます。

 

ボーナスなどある程度まとまったお金が手元に入ると事前に分かっている場合は、はじめからプランを立ててしまうのも良いでしょう。

 

返済日は毎月指定日がお得

 

多くの消費者金融では、返済を何日ごとか毎月指定日に行うかを選ぶことができます。

 

毎月指定日を選ぶメリットは、何といっても返済プランの立てやすさでしょう。

 

たとえば返済日を35日ごとで行うとすると、毎月返済日にばらつきが出てしまい返済プランが立てにくくなってしまいます。

 

年間で考えると35日ごとでの返済は年に10回しか返済できず、その分返済が長引いてしまい利息がかさみます。

 

また、給料日直前に返済日がまわってきて困ってしまうといったケースも考えられます。

 

毎月指定日であれば返済日を忘れてしまって延滞を起こすといったことも避けられますし、返済プランも立てやすくなります。

 

年12回、きちんと返済ができるので利息を節約できるのも大きなメリットといえるでしょう。

 

スマートな返済を行う際のコツは何と言っても毎月キチンと返済することです。

 

延滞を起こしてしまえば遅延損害金を徴収される可能性もあります。

 

返済日は借入額や返済額に直接影響するものではありませんが、こうした細かな工夫が結果的にはお得に作用するのです。

 

まとめ

 

金利は借入とセットであり、どうしても切り離せないものです。

 

しかし、用意されたサービスを利用したり、返済方式や返済プランを工夫することで十分抑えることができます。

 

借りたお金を返すのは当然のことですが、できるだけ早く返済してしまったほうが最終的には負担が少なくて済みます。

 

細く長くの返済は金利ばかりがかさみますから、できれば一括返済、無理でも余裕のある時は積極的な追加入金を心がけたいですね。